シアリスとは効果の持続時間が長いことが特徴のED治療薬です。ED患者は全国にも数多くいますが、病院へ行ったり、人に相談できている人は少ないのが現状です。シアリスなどのED治療薬を通販で購入できることは知っている人も多いと思いますが、商品を局留めできることを知らない人が意外と多くいます。当サイトではそういった通販での購入も含めてEDを改善に向けて知っておきたい知識をまとめていきます。

糖尿病が進行することでEDになってしまうこともある

糖尿病の恐ろしい点は合併症の多さですが、男性の場合には高確率でEDを発症してしまうことが確認されています。
自覚症状が少なくて進行するまで気づきにくいのが糖尿病の特徴ですが、勃起力の低下や性欲の減衰が見られる点は要注意です。
糖尿病患者の半数以上がEDを発症するとの指摘もされています。

糖尿病の影響でEDになってしまう原因としては、幾つかのメカニズムが考えられます。
まずは神経繊維が低酸素状態になってしまい、陰茎知覚が低下してシグナルが阻害されるのが原因の一つです。

この神経障害は神経繊維の低酸素状態によってもたらされるものですから、喫煙によっても陰茎知覚はさらに悪化すると考えられます。
タバコに含まれる一酸化炭素によって、酸素不足が招かれるわけです。
実際に糖尿病に加えて喫煙する習慣が有る方では、EDになる可能性が更に高くなると言うデータがありますから、気をつけましょう。

また血流量の低下も勃起には悪影響があります。糖尿病では心臓や血管に大きく負担が掛かりますので、血流量が低下するケースは少なくありません。
勃起の為には陰茎部に大量の血液が必要となるので、EDの場合には血流不足の解消も大切です。

糖尿病がかなり進行してしまうと、インスリンの投与が必要になってきます。
このインスリンを打ち始めることでEDになると感じるケースもあるかも知れませんが、インスリン自体は糖分の代謝を助けるもので、健常時には人体からも分泌されますから、EDには直接関係しないと考えられます。
どちらかと言うと、インスリンの投与が必要になる場合は既にEDを起こすほど進行していると言えるでしょう。

このように糖尿病の合併症によってEDが発症してる場合には、病気がある程度進行しているリスクがあります。
インスリンを投与されてもEDが回復しないと場合には、なんとか勃起力を回復させる方法を探したいものです。近年は効果的な方法があるので、確認しておきましょう。

ICI注射を使えば糖尿病でもEDを改善出来る

糖尿病の合併症によるEDは通常の勃起改善方法が効果を示さないケースは多いですが、ICI注射を活用していくことで改善を目指せます。
血糖値ケアも大切ですから、併せて利用を考えていくと良いでしょう。

ICI注射は別名では陰茎海綿体注射と呼ばれるもので、血管に作用する薬を陰茎に注射するタイプの治療です。
薬剤を直接的に陰茎に投与できますので、しっかりと血管を拡張して勃起力を回復させることが可能です。
性的刺激がなくても自動的に勃起し、個人によって違いはありますが数時間維持するのが特徴です。

使われる薬剤はプロスタグランジンE1と呼ばれているもので、これによって有効な結果が得られる割合は7割程度とされています。
従来使われていた薬品に比べて効果も見込めますし、副作用も少ない点で活用しやすいと言えるでしょう。

このICI注射は性交渉の前に接種するのが望ましいので、自己注射による治療となります。
行為の前に一々クリニックに行く必要はないので、この点でも優れた治療法と言えるでしょう。
もちろん使い方については、クリニックの方で事前に手ほどきがあるので安心です。

クリニックでは用法や用量をしっかりと説明してくれますし、初回には注射方法のレクチャーも受けられます。
薬剤が適用できるのかや、効果についても確認をしていき、ここで使用についての判断を下します。
医師の診察や判断に基いて治療を考えられるので、自己判断での治療よりも信頼性は高いでしょう。

ICI治療は自費治療となりますが、保険の利用履歴に残らないので他人に見つかりにくいです。
現在は多くのクリニックで実施可能となっているので、通いやすいものがないか、確認してみてはいかがでしょうか。